30代からの基礎化粧品選び|老化を防止する方法

花と女性

5年後10年後に差がつく

目を閉じる女性

肌をガードすることが大事

肌の状態は、年代によって大きく変わります。特に化粧などを必要としなくても、生き生きとしたみずみずしい肌を持続できるのは10代や20代前半までです。若い頃とは異なり、20代後半以降の肌は、乾燥や紫外線など外的要因の刺激を大きく受けます。そのため肌を守る対策が必要になってきます。その年代ごとで守るべき要素は異なります。肌をしっかりとガードすることで、若々しい肌を持続することが可能になります。基礎化粧品をきちんと選択することで、5年後や10年後の肌に大きく差をつけることになるのです。毎日の基礎化粧品の役目は、肌に不足している栄養素や成分をしっかり補うことです。食事や睡眠と同様、日々の化粧の為にではなく、肌の健康のためにという認識を持って使用することが、何より大事になります。

水分補給が第一

30代の肌は、まだ水分が自然の状態でも残っていますが、20代のころと比較すると少なくなっています。そのため乾燥には十分注意しなければなりません。肌の乾燥は肌の加齢を進めます。シミやしわなどの要因にもなりかねないのです。30代の基礎化粧品は水分補給を第一に考えたものを使用するのが、ベストです。セラミドやヒアルロン酸などが配合された基礎化粧品を使用することで、肌の水分をしっかりと残し乾燥肌から守ってくれます。紫外線対策も重要です。30代の肌は紫外線などの外的刺激を受け続けてきているので、紫外線による害に対抗する美白成分も必要です。シミやしわなどは30代など若い内から対策を行うことで、40代や50代になってから後悔することを防ぐのです。

化粧品を見直す

基礎化粧品

30代になると、今まで感じたことがない、肌のトラブルがあるかもしれません。そして、化粧品も一度見直しをしてみると、今後の肌を若く保つことができるかもしれません。そして、インターネットでは、おすすめの商品が紹介されているので、調べてみて、自分に合うものを探してみるといいでしょう。

詳細

未来の肌を考える

微笑む女性

30代からの化粧品の選び方の基本が自分の肌に合ったものです。肌に合ってないことには、意味がないどころか逆効果にもなりかねません。おすすめがセラミド配合の化粧品です。角質層内の細胞間脂質にある保湿成分なので浸透しやすいのです。

詳細

年齢に負けないケアとは

化粧品を持つ女性

30代はお肌の曲がり角とも呼ばれ、ケアが難しい年齢です。しかし、自分の肌に合った化粧品を選ぶことで、美魔女になることもできるかもしれません。ランキング入りしている注目商品もたくさんありますので、ぜひ参考にして下さい。

詳細